企業情報

代表あいさつ

当社の歴史は輸入材である南洋材の天然木を原料とした合板の生産から始まり、2018年に60周年を迎えました。その後、千葉県木更津市で現在の主力商品の一つである構造用単板積層材(LVL、商品名:キーラム)の生産を日本でいち早く開始しました。現在ではLVLを組み合わせた複合材料の開発や大断面の加工機械の導入など、常に新しいことに挑戦してまいりました。さらに2019年5月には山梨県身延町に国産材を原料とする合板工場を建設しました。
近年、木材・合板を取り巻く環境は、目まぐるしく変化しています。当社も南洋材を原料にした合板の生産を自社工場から現地工場でのOEM生産に移行するとともに、原料を持続可能な循環資源である植林木に徐々に移行しています。また山梨県で生産する合板については100%、千葉県で生産するLVLについても約半分の原料を国産材にするなど、国産材利用に積極的に取り組んでおります。さらに地産地消にも努め、地域の様々な建築物に地元の原料で作ったLVLや合板を利用し、皆様の信頼・満足をいただいております。 キーテックは成長を止めません。これからも、確実に一輪ずつ年輪を増やし続けるとともに、培ってきたパイオニア精神を活かし、地球に優しく、地球に貢献できる、未来に広がるものづくりを続けていくことをお約束いたします。


代表取締役社長 中西宏一

会社概要

役員 代表取締役社長 中西宏一
従業員 約200名
設立 昭和33年4月18日
本社所在地 〒136-0082 東京都江東区新木場1-7-22新木場タワー8階
TEL:03-5534-3741
資本金 268,400千円
生産・取扱品目 普通合板、構造用合板、防虫合板、国産材合板足場板、構造用LVL、内装用LVL、I形ジョイスト、I形梁、耐震開口フレーム、木層ウォール、ストレストスキンパネル・耐火構造部材
業務案内 合板・木質住宅建材の製造及び販売
主要株主 JKホールディングス(株)、キーテック従業員持株会、商工組合中央金庫
主要販売先 SMB建材(株)、伊藤忠建材(株)、ジャパン建材(株)
主要取引先 伊藤忠商事(株)、住友商事(株)、住友林業(株)、(株)オーシカ
主要取引銀行 三井住友銀行・日本橋東支店、商工組合中央金庫・深川支店
関連会社 JKホールディングス(株)ジャパン建材(株)(株)JK CARGO、(株)KEY BOARD、(株)ティンバラム、日本パネフォーム(株)、(株)キール・ウエストジャパン