試験の紹介

音・振動試験

木造による公共建築物等を建設するに当たっては、開発すべき課題が多くあります。その一つとして、公共建築物の音環境・振動性状についても、鉄筋コンクリート造におけるデータはありますが、木造建築に関わるデータはほとんどないため、木造による公共建築物等の建設を支援するための音環境・振動性状の調査検討、試験データを得るための一連の実験が実施されました。キーテックは試験用のストレストスキンパネル(キーラムSSパネル)の製作を請け負い、納入しています。この事業で得られたデータを元に、ストレストスキンパネルの設計指針に遮音・振動の項目を加える予定です。
実施母体:国交省木のまち木のいえ整備促進事業 木造建築音環境検討部会
試験設備:日本大学理工学部(千葉県船橋市)